糖尿病相談|藍住町の薬局。健康食品や漢方薬の取り扱い。

薬のかわむら

0886411128

9:00~19:30|日曜定休日

お問い合わせ

糖尿病相談

糖尿病とは

image

糖尿病は、食べ過ぎ、運動不足、継続的にストレスを感じるなど、不摂生な生活が原因となり、うまく利用されない糖(エネルギー)が血液中に溜まり過ぎることによって引き起こされる病気です。

まず、喉が渇き、水分を多く摂ることでトイレの回数が増えるという症状が出ます。歯科疾患、視力の減退、性欲の減退、皮膚の異常感覚やしびれを訴える人もいます。糖尿病そのもので怖いのは、糖尿病昏睡ですが、それ以外では合併症を引き起こすことが恐れられています。(腎障害、神経障害、眼障害)
糖尿病が更に進行すると、失明や足の切断、腎症などの恐れも出てきます。

糖尿病は、死に直結しないとして安易に考えられがちですが、死因が合併症へ移行しただけで、原因は糖尿病ということはよくあり、糖尿病が発覚した段階で速やかに体質改善することが重要です。

日々の食事と運動が重要です

栄養バランス・時間共に、規則正しい食事をする。

糖尿病にかかると、細胞内のカリウムやタンパク質が著しく減少します。このような状態を酸性体質と言い、病気から抜け出せません。正しい食事は、カリウムの働きで糖をきちんとエネルギーにしてくれるので、体が正常に働く、健康な弱アルカリ性体質へと体質変換することができます。
また、食事は一回の量がなるべく均等になるように3回以上に分けて、決まった時間に食べるようにしましょう。
一日の摂取エネルギー量が適正で、栄養バランスが取れていても、食事の回数が少なく、一回に食べる量が多いと、血糖値があがりやすく、体に脂肪がつきやすくなってしまいます。

原則として、毎日最低15分間は運動をする。

個人に適した運動量で無理をせず、習慣づけることが大切。普段の生活の中に体を動かすように意識してみましょう。
道具・相手を必要としない、いつでもできる方法ですることが継続のコツです。
運動には「エネルギーを消費する運動」と「筋肉を鍛える運動」があります。糖尿病改善にはこの2つの運動を組み合わせて行うのが最も効果的です。
運動により血液中の糖分が体内で使われ、高くなっている血糖値を下げることが出来ます。

当店で行っていること

まず第一に食習慣の見直しです。
糖尿病は血液中に糖分が多いということ。糖分の摂取の減らし方をアドバイスいたします。
特に2型糖尿病と言われる方には、それと同時に、自然食品・自然薬・漢方薬で、血液中の過剰な糖分をできるだけ減らすようアプローチしていきます。
血糖値の高い身体の状態を根本から見直しましょう。

仕事の関係など外食の多い方。甘い物が大好きな方。健康診断で要注意と言われた方。30歳を過ぎて、疲れが取れにくくなった方。治療中の方。糖尿病を予防したい方。
ぜひ、一度お店に来てください。きっとお役に立てる事があると思います。

ページトップへ戻る