子宝相談&母乳育児|相談ができる藍住町の薬局。健康食品や漢方薬の取り扱い。

薬のかわむら

0886411128

9:00~19:30|日曜定休日

お問い合わせ

子宝相談&母乳育児

        

子宝相談について

image

近年、子宝相談で来店される方が増えています。
世間では、晩婚化と言われています。 年齢というのも大きく関わってきますが、主には疲労やストレスや睡眠といった生活習慣、また不規則な食生活や栄養バランスの乱れが大きく関わっています。 それに伴い、ホルモンバランスが崩れ、実は多くの方が冷えています。
冷え体質、冷え性、血行不良は不妊の大きな原因の一つです。

当店で行っていること

子どもを授かるということは、お母さんの体内で命を育むということです。
初めは、小さな小さな受精卵という細胞。その細胞が分裂を繰り返しながら子宮の壁に入り込み、そこでさらに大きくなっていきます。まずは、小さな受精卵が元気であること。そして、命を育む布団といえる子宮壁。この子宮壁が厚く柔らかいことが大切になります。
当店では、そのことを重視します。そして、じっくりお話を聞きながら、その方にできる生活習慣・食習慣の見直し、改善をアドバイスさせていただきます。

子どもを授かることは自然の摂理です。

そして、子どもが授かって、ゴールではありません。
5ヶ月を過ぎた頃から胎児はお母さんの血液が、唯一の食事になります。元気なお子さんは誰しもの望みだと思います。お母さんの血液の善し悪しはお母さんの食べた物もので決まります。それが、その後の母乳の質にも繋がってきます。
難しいことはありません。まずは、できることから始めましょう!

自然薬・漢方薬で身体を整えます

image

顔が違うのと同じように体調・体質もおひとりおひとり違います。その方に合ったお話・処方をいたします。
妊娠できてゴールではありません。お腹に命が宿ってからも身体は変化します。
もちろんお腹の赤ちゃんは日々成長しています。胎児はお母さんの血液からでしか栄養補給できません。
妊娠中・出産後・授乳中も悩みや心配事はつきません。安心してください。
2人の子供を産み、育てた経験のある薬剤師がいます。 助産師さんに来ていただいてのマザーの会も開催しています。
きっとお役に立てると思います。 お母さんになってからも行きつけのお店にしてください。

母乳育児について

image

母乳育児は、お母さんと赤ちゃんが元気に楽しく毎日を過ごしていくことにつながります。
はじめは、どうやって赤ちゃんに母乳を飲ませたらいいか、わからないこともあるかもしれません。
また母乳の出る時期や量には個人差がありますし、生まれたての赤ちゃんにも、それぞれ個性があります。
すぐに上手に飲めるようになる赤ちゃんもいれば、すごく時間がかかる赤ちゃんもいます。
それぞれのお母さんと赤ちゃんに合わせて、当店はお手伝いしていきますので、ご安心ください。

赤ちゃんにとってのメリット

  • 母乳は栄養たっぷり
  • 免疫たっぷり
  • あごが発達する
    母乳を飲むときは、口と顔の筋肉を最大に動かします。ほ乳瓶で飲む時より60倍の筋肉を使うみたいですよ!
  • 脳の発達が良い
    母乳は毎日味が変わります。変化に富んだ美味しい母乳は脳を刺激します。
  • 心の安定
    社会に出てきたことで、ストレスも多く感じていますが、母乳を飲むことで、安心も飲んでいるのです。

お母さんにとってのメリット

  • 母性が育まれます
  • 産後の母体の回復を早めてくれる。
    授乳によって、「オキシトシン」というホルモンがでます。
    このホルモンは産後の出血を減少させ、子宮を収縮。もろくなった骨の再硬化を早めてくれます。
    また、乳がんや・子宮がんのリスクも減らせます。
  • 自然にダイエットができる
    母乳はお母さんの血液です。授乳することによって皮下脂肪を溶かすホルモンが分泌されます。
  • 更年期障害の不定愁訴が軽くなる
  • 経済的であり、便利で、なにより清潔です。
    万が一の災害のときも母乳で育てていればとても助かります。

より母乳育児について知ってもらう為の「マザーの会」

image

母乳育児をしている赤ちゃんの命の食は、「母乳」です。 この「母乳」はほんの数分前まではお母さんの血液です。
お母さんの血液ははお母さんが食べたものでできています。
どんなものを食べたらいいか、どんなものを避けた方がいいか、などもお伝えしています。

定期的に助産師さんに来て頂いて、マザーの会も開催しています。
あなたにとって最善の過ごし方が見つかりますように、お手伝いいたします。

ページトップへ戻る