スタッフ紹介|アトピー・不妊・糖尿病の相談ができる藍住町の薬局。健康食品や漢方薬の取り扱い。

薬のかわむら

0886411128

9:00~19:30|日曜定休日

お問い合わせ

スタッフ紹介

川村 京大

略歴

image
  • 福岡大学薬学部を卒業後、薬剤師国家資格取得
  • ドラッグストアに入社し管理薬剤師、店舗店長を経験
  • 徳島に帰郷し、今の店に勤務

ご挨拶

みなさん♪こんにちは。
店長の川村京大(けいた)です。

私自身、アトピーでした。人前に出られないほどの。
そのことによって、たくさんの気づきがありました。そして、アトピーから卒業しました。

「食べたもので体はつくられる」当たり前ですが、はっ!と気づかされた言葉でした。
口から入ってきたモノで今の体は作られている。良いモノでも・・・。悪いモノでも・・・・。
つらい症状をお持ちの方。諦めている症状をお持ちの方。子宝、出産、子育てにお悩みのある方。今の健康を維持したい方。もっと輝いた生き方をしたい方。
一度、お話にきてください。

○「人間も自然の一部だ」ということ。
○「食べたもので体は作られる」ということ。
○「体の中には自分で治す力がある!それが病気を治す。」ということ。

症状を改善する上での私の基本の考えです。
自身の経験から、相談できない孤独も味わいました。そんな気持ちに寄り添いたい!
普通の日常生活を送りたい!そんな気持ちも持ちました。
健康でいることのありがたさ。笑顔で過ごせる楽しさ。そんなことも実感しています。
そんな私に出来る事があると思います。

私もそうであるように、「あなたが笑顔になること。」それが私の喜びでもあります。
気軽にお店に来て下さい。お待ちしております。


川村 和子

略歴

image
  • 福岡大学薬学部を卒業
  • 薬剤師になり大鵬薬品工業技術研究部へ入社
  • 結婚を機に退社し、専業主婦となる。
    息子二人に恵まれる。
    長男がアトピーと喘息。次男が喘息。
  • 薬局で勤務
  • 突然、主人の胃ガンが見つかる。
    その時に健康食品の存在を知る。
    健康食品を飲み続け、検査の結果抗がん剤を使わずに済むことが分かった。
  • 薬局を開業

ご挨拶

息子が、小さい時、アトピーと喘息だった。
アレルギーはなぜなるのか?どうすれば治るのか?
症状は 軽かったものの出口が見えず、重苦しい日々だった。
食事が影響しているのではないか?母親の気持ちが影響しているのではないか?など…一人でずいぶん悩みました。
そしてその答えはある先生との出会いがきっかけで見つかっていくことになるのです。

その後、突然、主人の胃ガンが見つかる。当時は癌という言葉に押しつぶされそうになる時代だった。
治療にあたって「元気になってもらいたいから何か飲ませたい」と、医療関係者の知人に相談する。その時、教えてもらった健康食品は初めて知ったものだった。
「副作用はないから、飲めるだけ飲んだらいい」と教えられ、飲めるだけ飲んでもらった。
すると、手術後の検査の結果、抗がん剤は使わないとのこと。傷が治れば、元の体に戻る。
どれほど嬉しかったことか。正しい健康食品の底力を知った。

その一方、がん患者の家族になって始めて見えた事があった。
病院では、何故癌になったのか?これからどうなるのか?元気になるためにはどうしたらいいのか?などは、なにも教えてもらえない。こうしたことは、自分で勉強しない限り、誰も教えてくれないと初めて知る。
「再発」の言葉が頭をよぎる。大きな不安におそわれた。
主人の元気をとり戻してもらうための自然薬・健康食品のことをもっと知りたい。ガンのことも。体のことも。

同じ不安を感じている人が大勢いるはず。なんとかしなければ・・・いろんな思いを秘めて薬局を開く。
その時出会った神戸の先生からは「アトピーの方が大勢困っています。勉強しなさい。」と指示を受けました。
薬局でアトピーが治せることに驚き、神戸・福岡・東京へと足を運び、研鑽を積み重ねる日々が続きました。
それが、20年前のことです。

今は元気な我が子ですが、アトピーがなければ子育てがどれほど楽で楽しかったか。
「一人で悩まないで、大丈夫」と30年前私は言って欲しかったから、今度は私が言ってあげたい。
「一人で悩まないで、大丈夫。綺麗な肌、 あなたの元気をとり戻しましょう!!」
アトピーに取り組んで20年以上。たくさんの方がキレイな元の肌をとり戻しています。
自らに備わった自然治癒力。
病気に打ち勝つ体を作ることができれば、病気は治っていくのではないかと実感しています。

ページトップへ戻る